【初心者向け】戦い方のコツ・アクションの基礎「位置取り」「モーション誘発」編

 団員は随時募集中です。募集要項をご覧ください。
 ⇒MHF-Z 猟団「Amb-i-t」猟団員募集中 / 団員募集要項

「位置取り」は回避だけでなく攻撃チャンスにも影響する大事な要素です。

きちんとポイントを押さえて練習し、順序良くステップアップすればアクションが苦手でもしっかり立ち回れるようになるので頑張ってください。

私自身、特別アクションが得意なわけではありません。
ですが、できないなりに試行錯誤してきた自分の経験を踏まえて練習方法をまとめています。もっと良い練習方法はたくさんあると思うので、自分で楽しく実践できる方法を探してください。
※今回の内容はMHF内の知識というよりも、アクションに慣れていない方向けの戦い方のコツです。モンスターとうまく戦えなくて困っている、という時にどうぞ。

「位置取り」による回避とは?

モンスターの攻撃を避ける際に、「軸合わせ」「予備動作」を意識しておくと攻撃の予測がしやすいとこちらの記事で解説しました。攻撃の予測ができるようになれば「フレーム回避」にも役立ちます。

モンスターの攻撃は「軸合わせ」や「予備動作」で予測が可能です。 きちんとポイントを押さえて練習し、順序良くステップアップすればアクションが...
「フレーム回避」ができるようになるとアクションの幅はぐっと広がります。 きちんとポイントを押さえて練習し、順序良くステップアップすればアク...

ですが、中にはどうしても回避が難しい攻撃や反応しづらい攻撃があります。

反射神経で避けてしまうのもアリ(アリ?)なのですが、回避の方法は「フレーム回避」だけではありません。モンスターの攻撃には「当たり判定」というものがあって、判定がない場所にいれば全く動かなくても攻撃を避けることが可能です。

モンスターの攻撃が当たるかどうかは「当たり判定」によって決まります。 きちんとポイントを押さえて練習し、順序良くステップアップすればアクシ...

「フレーム回避」に対して「位置取り」による回避(位置避け)は「安置」を見つけることが重要になります。

「安置」は「安全地帯」(変換の都合で「安置」と表されることが多いようです)の略称で、「攻撃が当たらない場所」のこと。「当たり判定」よりも外にいればダメージを受けないため、「安置」を把握しておけば攻撃や回復のチャンスを大幅に増やすことができます。

「位置取り」回避に重要な「安置」の見つけ方は?

「安置」がどこなのかは例によってモンスターの攻撃、モーションごとに異なります。

ですが、基本的な傾向は2種類。「近づく」か「離れる」かです。

  • 攻撃の範囲外(「当たり判定」よりも外)まで離れる
  • モンスターに密着する、「腹下」へ潜り込む、「背後」に回り込む

範囲外まで離れる、に関しては言葉のままです。攻撃に当たらない位置まで逃げておけば回避行動をしなくても回避できます。ただ逃げてばかりでは攻撃できませんし、後述する理由から離れ過ぎはおすすめできません

なので、できるだけモンスターに近づいた状態で「安置」を探すことが大切です。

また、モンスターの攻撃には「離れるほど危険」なものも存在します。

ガルバダオラが開幕で出してくるニフラムが代表的で、この攻撃はエリア全体に光の柱が発生し、攻撃に当たるとスリップダメージで力尽きてしまいます。しかし、ガルバダオラから一定範囲内にいればダメージを受けません

同様に「近づかないと乙る」モーションは「狩煉道」のミラボレアスも持っています。

覚醒後に出してくるニフラムはエリア全体を焼き尽くす超広範囲攻撃になっていて、ダイブをしても避けきれません。ですがミラボレアスの足元にいれば一切ダメージを受けず、むしろ攻撃チャンスにすることができます。

「攻撃に当たらない場所」を見つけるには数をこなすのが一番ですが、攻略記事や攻略動画で探す他にPTの動きを見ることもおすすめです。

「フレーム回避」と違い、「位置取り」による回避は他プレイヤーがいつもどのあたりで戦っているか、を見ることで真似できます。自分がいつも当たってしまう攻撃を避けている人の動きを見て、「頭」側なのか「尻尾」側なのか、あるいは「腹下」なのかを確認してみましょう。

また、攻撃や回復のチャンスもPTをよく見ていると勉強しやすいです。被弾せずに手数を出している人の動きを見ていると、「ここは攻撃していても安全な位置・タイミング」とわかるのでプレイに活かせます。

「位置取り」で「モーション誘発」をしてみよう

モンスターはハンターの「位置」や「距離」によって繰り出す攻撃を変化させます。

なぜなら、「剣士(近距離)」と「ガンナー(遠距離)」では届く攻撃が異なるため。リオレイアのかみつきや尻尾回転では、剣士に攻撃を当てることはできてもガンナーまでは届きません。つまり、相手が剣士なら近距離攻撃を、ガンナーなら遠距離攻撃を出す頻度が高くなる、ということ。

「位置」についても同じで、前方か後方か側面か、といった違いによって繰り出す攻撃を変化させます。大剣で尻尾を狙う時とハンマーで頭を狙う時とで攻撃のバリエーションが大きく変わるのは、プレイヤーが「位置取り」をしている場所が違うためです。

この特性を利用してある程度なら「避けやすい攻撃」を誘発しつつ戦うことができます。

「位置取り」による「モーション誘発」でわかりやすいのが辿異種フルフルの丸呑みです。

辿異種フルフルは大きく首を振ることで触れたプレイヤーを捕まえて丸呑みにします。この攻撃は「フレーム回避」が可能ですが油断していると被弾しやすく、ほとんど即死の危険な攻撃。しかし、前方に「位置取り」をしなければ攻撃の頻度が減り、被弾率を大幅に抑えられます。

ただし、これは逆に「位置取り」によって厄介な攻撃を出しやすくさせてしまう危険もあります。

最もわかりやすいのがエスピナスの突進。この攻撃はスピードが異常に速い上に「予備動作」もなく、非常に避けにくいです。突進はエスピナスから離れるほど出しやすくなるため、距離を取り過ぎるとかえって自分もPTも危険な状況になってしまいます。

「モーション誘発」には良い例も悪い例もあるので、戦いやすい位置を見つけることを意識しましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、意識して立ち回ることで「被弾が少なくなる位置」「攻撃しやすい位置」「危険な攻撃を出しにくい位置」がわかってきます。

「位置取り」の練習におすすめのモンスター

「フレーム回避」重視のモンスターか、「位置取り」回避を重視するモンスターかはわりとハッキリわかれています。

「フレーム回避」で避けにくい攻撃でも、「位置取り」による回避を試してみると戦いやすくなることは多いです。どちらが向いているモンスターなのか、攻撃なのかを考えながら観察してみましょう。

ガルバダオラ

先ほども例に挙げた通り、ガルバダオラはニフラムを持っています。

結晶を耀かせながらバックステップをするのが「予備動作」で、ガルバダオラは自分の周囲にドーム型のバリアを張ります。内側にいればニフラムは当たらないため、「予備動作」を覚えて「安置」に移動する流れを覚えましょう。

グレアドモス

グレアドモスは「位置取り」を覚えることで回避できる攻撃が多いです。

広範囲に及ぶ攻撃やホーミング性能がある攻撃でも、足元や腹下に潜り込むことで攻撃に当たらずにやり過ごすことが可能です。

辿異種ルコディオラ

辿異種ルコディオラは「龍属性やられ【特大】」や即死ビーム持ちの強敵です。

慣れないうちは★4(GR800)の串刺しや即死ビームの被弾で乙りやすいのですが、後脚付近で戦うことでビームに被弾しにくくなります。「位置取り」の意識次第で被弾数が変わるモンスターです。

辿異種エスピナス

辿異種エスピナスは「超毒」による体力減少がきつい相手です。

「超毒」対策ができていて近距離で戦っていれば即死攻撃のような恐ろしいモーションはありません。しかし、距離を離されると遠距離から突進で不意に「超毒」をもらったりと事故が多いです。

ディスフィロア

「位置取り」で攻略していくモンスターとしては、「至天征伐戦」の「ディスフィロア」が代表的です。

「至天征伐戦」のUNKNOWN(ラ・ロ / 黒レイア)を「フレーム回避」の最高傑作、ディスフィロアを「位置取り」による回避の最高傑作モンスターと言う方もいるほど攻略方法がハッキリわかれています。

攻撃の多くに「安置」があり、どこに「位置取り」をして戦うかで被弾率が大きく変わるモンスターです。


「位置取り」回避と「フレーム回避」のどちらがやりやすいかはモンスターや攻撃による部分はもちろん、人によって得手不得手も違います。

私は「位置取り」の回避がすごく苦手で、無理矢理「フレーム回避」しようとすることすらあります(ぇ

どちらも完璧にできなくても、攻撃をひとつずつ覚えていけば徐々に避けられるようになっていくので、少しずつ練習していきましょう。

私は本家シリーズからの移民で、昔は2ndGでガウシカ相手に逃げ回っていました。
ギアノスを1体倒すにも何分もかけるほど苦戦し、フルフルやドドブランゴに緊張してぶるぶる震えながら戦い、ティガレックスで心が折れて投げた過去があります。ターン制RPGでコツコツレベル上げをしてボスより強くなってから挑むような、ようするに「アクション超苦手」な人間です。
そんなプレイヤーでも今は辿異種★4(GR800)や「無双襲撃戦」のモンスター相手に火事場ソロで遊べるようになっています。何事も練習と慣れ次第で上達します。被弾と乙は恥ずかしいことではありませんし、失敗でもありません。試行錯誤している中での「一例」に過ぎません。成功例を積み重ねていきましょう。