「アンジュ・ウィル・ニンファ」生産素材の集め方と「龍晶石」の効率の良い入手方法

「アンジュ」「ウィル」「ニンファ」は実装時期こそやや古いですが、今でもシミュに引っ掛かってくる優秀な装飾品です。

作成のためには「龍晶石」「祭典の叙情詩」「蜃気楼の金剛砂」「いにしえの超鉄鋼」という4種類の定期イベント素材が必要となります。今回はこれらの素材の入手方法についての解説です。

定期開催イベント素材の入手方法について

装飾品作成に必要な「龍晶石」「祭典の叙情詩」「蜃気楼の金剛砂」「いにしえの超鉄鋼」は「定期開催イベント」の素材です。

「アンジュ」「ウィル」「ニンファ」は各素材が1珠につき40個ずつ必要です。

今でも全て入手は可能なのですが、入手しやすさにかなり幅があって数が偏りやすなっています。そのため、入手しにくい素材が足を引っ張って初心者の方や復帰の方にはハードルの高い装飾品になってしまっていました。

しかし、これまで大きなネックだった「龍晶石」が調合で入手きるようになったため今なら作成も現実的です。

「龍晶石」「祭典の叙情詩」「蜃気楼の金剛砂」「いにしえの超鉄鋼」の入手方法

各素材の基本的な入手方法はこちらです。

定期イベント素材 入手方法 個数
龍晶石
G級クエスト
「極限征伐戦」
LV1:1個(10%)
LV200:2個(10%)
LV1000:3個(10%)
LV9999:10個(確定)
G級イベントクエスト
「暁の古城に輝く黒き巨星」
2個(確定)
2個(10%)
祭典の叙情詩 「狩人祭」の入魂数 200:4個
600:8個(12個)
1000:12個(24個)
1400:16個(40個)
2000:16個(56個)
3000:24個(80個)
蜃気楼の金剛砂
「歌姫狩衛戦:歌迎の章」の個人達成報酬 100:4個
500:4個(8個)
1000:4個(12個)
2000:4個(16個)
3000:4個(20個)
4000:4個(24個)
5000:4個(28個)
6000:4個(32個)
7000:4個(36個)
8000:4個(40個)
9000:4個(44個)
10000:4個(48個)
12000:4個(52個)
14000:6個(58個)
16000:6個(64個)
18000:6個(70個)
20000:10個(80個)
「歌姫狩衛戦:歌迎の章」の猟団ランキング報酬 1~3位:200個
4~10位:180個
11~25位:160個
26~40位:140個
41~70位:120個
71~100位:100個
101~150位:80個
151~500位:40個
いにしえの超鉄鋼 
「狩煉道」のポイント交換:回数制限アイテム 20個(1個500狩P)
 
以前は「龍晶石」「祭典の叙情詩」「蜃気楼の金剛砂」「いにしえの超鉄鋼」それぞれに対応する定期開催イベントがあり、一定ノルマを達成することで毎週いずれかの素材が40個ずつ入手できていました。ですが、現在は「極限征伐戦」のシステムが根本的に変更となったことで「龍晶石」の報酬量が極端に少なくなっています。また、「いにしえの超鉄鋼」が手に入る「天廊遠征録」が廃止となったために「狩煉道」でのポイント交換となっていますが、入手上限は1週間につき20個までです。
※現在編集中※ 「狩人祭」は各猟団が紅竜組、蒼竜組に別れて入魂数を競うイベントです。 最終的な入魂数に応じて「勝ち組」「負け組」が決まり...
※2018/10/9 情報が古くなっていたので大幅更新しました。 「狩人祭」では「入魂」を行うことがメインになりますが、普通にクエスト...
「歌姫狩衛戦・真説」は「パローネ大航祭」に代わって始まった定期イベントです。 いろいろ盛っててやり方とか報酬とかごちゃごちゃしてますが...

1開催 / 1週間 / 1クエストで手に入る最大期待値についてはこうなります。

定期イベント素材 1開催 / 1週間 / 1クエストで手に入る最大数
龍晶石 「極限征伐戦」LV9999:10個 / 1クエスト
※週間上限はなし
祭典の叙情詩 「狩人祭」3000入魂:80個
蜃気楼の金剛砂 「歌姫狩衛戦」20000歌玉:80個
※猟団ランキングを含んだ場合280個
いにしえの超鉄鋼 「狩煉道」ポイント交換:20個

比較してみると、「狩人祭」の素材である「祭典の叙情詩」が圧倒的に入手しやすくなっています。

次点で「蜃気楼の金剛砂」もあまり意識しなくても集めることが可能です。

入手しやすさでいうと、大まかにですがこんな順番です。

  1. 祭典の叙情詩
  2. 蜃気楼の金剛砂 / いにしえの超鉄鋼
  3. 龍晶石

1週間に入手できる上限が決まっている「いにしえの超鉄鋼」、そして「龍晶石」は意識的に集めていかなければいけません

効率の良い「龍晶石」の入手方法について

4種類の定期開催イベント素材の中で最も入手しにくいのが「龍晶石」

「龍晶石」は1クエストで手に入る最大数が10個なので、1週間にいくつまでという上限はありません。

ですが、10個の「龍晶石」が確定で出るのは「極限征伐戦」の「LV9999」。シャンティエン、ディスフィロア、ミラボレアス、ミラバルカン(紅ミラボレアス)のいずれのクエストでも「龍晶石」は手に入りますが、強力な相手なので連戦は不向きです。

同じく確定で「龍晶石」が出るクエストにはG級イベントクエスト「暁の古城に輝く黒き巨星」もありますが、こちらは確定で2個だけです。

正直、他の定期開催イベント素材と比べて「龍晶石」はかなり不遇と言わざるを得ません。そこで、「龍晶石」はあえて普通に集めるのはやめておきましょう。

おすすめの入手方法は、他の定期開催イベント素材を調合することです。

「調合屋」の「特別調合」で定期開催イベント素材を入手しよう

最初にも少し触れたように、「龍晶石」「祭典の叙情詩」「蜃気楼の金剛砂」「いにしえの超鉄鋼」は調合によって入手できるようになりました。

「調合屋」へ行って「特別調合」を選ぶと最後のページに4種類が並んでいます。

調合はいずれかの定期イベント素材2個につき別の定期イベント素材1個です。

調合素材 調合先
祭典の叙情詩 or 蜃気楼の金剛砂 or いにしえの超鉄鋼×2 龍晶石×1
龍晶石 or 蜃気楼の金剛砂 or いにしえの超鉄鋼×2 祭典の叙情詩×1
龍晶石 or 祭典の叙情詩 or いにしえの超鉄鋼×2 蜃気楼の金剛砂×1
龍晶石 or 祭典の叙情詩 or 蜃気楼の金剛砂×2 いにしえの超鉄鋼×1

交換レートは1/2なので数だけ見れば半分に減ってしまいますが、余っている定期開催イベント素材を足りない素材に換えられることになります。上でも書いたように「祭典の叙情詩」や「蜃気楼の金剛砂」は「龍晶石」よりずっと入手難易度が低く、「龍晶石」の所持数に比べて大幅に多くなりがちです。

なので、これらの素材を調合で「龍晶石」にすることをおすすめします。

「アンジュ」「ウィル」「ニンファ」珠生産のための手順

まとめると、「アンジュ」「ウィル」「ニンファ」の装飾品を効率良く作成できるようにするためのおすすめ手順はこんな感じです。

  1. 「狩人祭」で3000入魂を達成し「祭典の叙情詩」80個を入手
  2. 「歌姫狩衛戦」で歌玉20000を達成し「蜃気楼の金剛砂」80個を入手
  3. 毎週「狩煉道」のポイント交換「いにしえの超鉄鋼」20個を入手

この時点で所持している定期開催イベント素材はこのようになります。

「狩人祭:入魂祭」や「歌姫狩衛戦:祈祷の章」は毎週ではなく何週間かごとなので、定期開催イベントの1サイクルごとに「いにしえの超鉄鋼」も60~80個程度まで貯まる計算です。

 
「狩人祭」は「登録祭」→「入魂祭」→「褒賞祭」のサイクル。「歌姫狩衛戦」は「祈祷の章」→「戦歌の章」→「歌迎の章」のサイクルで、次に「祭典の叙情詩」や「蜃気楼の金剛砂」を入手できる週になるまでにはおよそ3週間~1ヶ月程度かかります。アップデートの関係でさらに間が空くこともあります。

この時点で所持している定期開催イベント素材はこのようになります。

龍晶石 0個
祭典の叙情詩 80個
蜃気楼の金剛砂 80個
いにしえの超鉄鋼 80個

※「祭典の叙情詩」「蜃気楼の金剛砂」両方を1開催で最大数手に入れるまでに1ヶ月かかったとして、「いにしえの超鉄鋼」の所持数を調整しています。

ここで調合をして全体の数を調整すると、こんなふうにできます。

龍晶石 0個 → 40個
祭典の叙情詩 80個 → 40個
※40個を20個の「龍晶石」に調合
蜃気楼の金剛砂 80個 → 60個
※20個を10個の「龍晶石」に調合
いにしえの超鉄鋼 80個 → 60個
※20個を10個の「龍晶石」に調合

この例では最も集めやすい「祭典の叙情詩」を多めに「龍晶石」に交換しています。

「祭典の叙情詩」はサブキャラがいれば「狩人祭」に参加するだけでどんどん貯まっていきますし、「蜃気楼の金剛砂」の方は「歌姫狩衛戦」の猟団ランキングで上位に入ることで80個よりも多く手に入ります。もちろん、「極限征伐戦」やイベントクエストで「龍晶石」を集めても構いません。

ずっと前の話。私が独立する以前、同盟先のハチミツ大好き風太く…いや団長さんから、 「サブキャラってどうなんですかね?」 的なことを聞かれ...

どんな方法が良いかは装備や手伝ってもらえる環境にもよるので、最も良いと思う方法で取り組んでみてください。


素材が全て40個以上揃って「アンジュ」「ウィル」「ニンファ」の装飾品を作る時には「精錬珠の直接生産」がおすすめです。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

MHFには様々な装飾品の種類があって、項目別にはこのようになります。 装飾品 「◯◯原珠」を使って生産するもの。 ...

「アンジュ」「ウィル」「ニンファ」を作れるようになったら、是非新しいシミュにもチャレンジしてみてください。「アンジュ」や「ウィル」が使えるとシミュの幅が広がるので、今まで組めなかった装備でもできるかもしれません。

この記事では主にスキルシミュをするにあたっての”考え方”の一例を書いていきます。 MHFのスキルシミュは初心者には難しい点が多く、「自分に...