猟団「Amb-i-t」の団理念と団規約

「Amb-i-t」は既存の交流団とは全く異なる目的を持った猟団です。

「Amb-i-t」の団理念

フロンティアには様々なプレイヤーがいて、それぞれ自分が楽しいことで毎日遊んでいます。

多くの人が遊んでいるからこそ「暗黙の了解は知っていて当然」「この装備・スキルがなければダメだ」といった”価値観の相違”や”精神的格差”が生じやすく、それを「一方的な押しつけ」や「強制」に感じて悩んでいるプレイヤーがいることもまた事実です。

しかし本来、共に遊ぶプレイヤーの間に格差など存在しません

先日野良で遊んでいた時、ステータスにとても素敵なコメントを書いている方がいました。


※ご本人に許可を得て使用させていただいています。

お互いが装備や知識、PSに感じる”違い”はただ先を行っているかどうか。それだけです。

この想いのもと、「Amb-i-t」は下の団理念に沿って活動していきます。

  • 大志(ambition)を掲げ仲間とともに(together)実現する。
  • 対等に遊ぶことができる環境を変革(revolution)し再構築(rebuild)する。
  • フロンティアで実現したいことを想像(imagine)し続けていく。

団名の意味と由来について

「ambit」は英語で「領域」や「範囲」を意味しますが、団名においては「境界」で使用しています。

With ambition and imagination, we make revolution and rebuild ambit together.
志と想像力をもって、共に境界の変革と再構築を成し遂げる。

団名「Amb-i-t」には“価値観の相違”、プレイヤー間の”隔たり”を無くして新たな環境を構築する、という意味をこめています。

そしてこの志に共感し集ってくれた団員、賛同してくださる方の抱く、

  • 「フロンティアを変えたい」という”ambition”(志)
  • 「こんな環境にしたい」という”imagination”(想像力)

こうした想いを実現する猟団。そのために設立したのが「Amb-i-t」です。

「より多くのプレイヤーが遊びやすいフロンティアへ」と変えていくために、団は動きます。

猟団規約

「Amb-i-t」では細かな団規約は設けていません。

ですが最低限、下記のルールは守るようにしてください。

イン・アウト時の挨拶や離席連絡

イン・アウト時は団チャにて「こんにちは。インしました」のように挨拶をお願いします。

「こんにちは」だけだとインしたのか、誰かの挨拶に対しての返事なのかがわかりません。誰かに挨拶をしたと思って返さずにいたらインの挨拶だった、といったすれ違いも生じます。「インしました」や「落ちます」という一言があるだけでも、意思疎通がスムーズになります。

離席時も、緊急以外はできるだけ一報を入れてもらえると周りが混乱しません。

一緒にクエストに行っていたのに回線落ちで戻れない・・・なんて場合は、団員用掲示板で連絡を取れるようにしていますので活用してください。

放置場所と放置方法の配慮

以下の場所に放置すると、団だけでなく同ランドの方の迷惑になる場合があります。

広場はプレイヤー全員の共有スペースなので、これらの場所は避けるようにしてください。 

  • 各種受付前(クエスト受付やショップ、施設への入口含む)

  • アイテムボックス前 

利用したい施設があるのに誤ってキャラに話しかけてしまった、という状況は案外発生しやすいものです。放置場所を配慮しておかないと、相手が急いでいる時などは無自覚に邪魔をしてしまいやすいため注意してください。

猟団部屋の利用と放置について

猟団部屋での放置もラヴィに参加する団員が困ることがあるので控えてください。

団部屋の詳しい仕組みについては別記事を確認していただきたいのですが、例えば下記のような状況です。

  1. 「オネスト2」で団員Aが団部屋を利用している
  2. 「ワイズ1」でラヴィ参加中の団員Bが「ワイズ1」から団部屋に入ろうとする
  3. 画像のような表示が出て「はい」を押すと「オネスト2」まで強制ランド移動

強制ランド移動が発生した場合、団員Bがラヴィに参加できなくなってしまうことがあります。使用時には「団部屋入ります」と団チャで一言もらえると、団員間で利用状況の把握がしやすくなります。

参考:【猟団部屋】団部屋利用時の注意・ラヴィエンテとの関係について

除名処分の対象

  • 団規約に何度も違反している
  • 団内外でトラブルを起こした
  • 団にとって不利益になる

これらに該当する場合は程度に応じて団長から注意や警告が入り、除名処分検討の対象となります。

最低限のオンラインマナー」と「協調性を持った行動」、そして「団理念を心得た団活動」をお願いします。

また、連絡なく100日以上ログインしていない団員についても名簿整理のため除名とさせていただきます。これに関しては申請をいただければ再入団可です(何度も繰り返される場合はお断りする場合があります)。

猟団の活動方針

ここから下は規約ではなく、団特有の風土のようなものです。

猟団のホーム

ホームは自由区「オネスト」の「ランド2」です(現在検討中なので変更可能性あり)。

「honest」には「正直な / 誠実な」といった意味合いがあります。団も団員も、内外に誠意ある対応のできる存在であって欲しいと思います。

団内でのクエスト募集・参加について

団内では「◯◯@3」といった募集をかけることがあります。


※え?BCでは大型モンスターいないからどうやってハリウッドダイブするのって?…

「参加したい」時は「ノ」(手を上げる動作)だけで参加意思は伝わります

これはチャットスピードへの配慮や、クエスト中の返事の迅速化をするために団員に周知している事です。クエスト中に「行きたいです」と言えなくても、「ノ」だけなら打てそうな場面もあると思います。

うまく活用してください。

団会議への参加について

団では不定期に団会議を開きます

周期は一定ではなく、必要な時のみです。

事前に団員に候補日を通知→開催日決定の流れになります。議事録は残しますが、できる限り参加していただけると助かります。

狩人祭について

「Amb-i-t」では入魂ノルマを設けていません。

たくさん入れてもほどほどでも自由ですが、獲得祭Pへの過度な期待はお控えください。その他ルールについては下記の確認をお願いします。

入魂ノルマ ノルマなし。
シクレへの参加 強制しません。
ソロ、PT自由。途中抜け自由。
デイリーモス入魂 強制しません。
お好きなデイリーをどうぞ。
パートニャーの魂集め派遣 強制しません。
入魂シジル、歌の使用 強制しません。

歌姫狩衛戦について

歌姫狩衛戦では迎撃戦(戦歌の章)週での獲得エリア数によって「特別猟団部屋」が開放されます。

「特別猟団部屋」は「歌迎の調べ」交換など恩恵も多いので、団員の利便性向上のためにできるだけ開放は狙っていきます。ただし、100エリア獲得や猟団ランキング上位などは団として目指すことはありません。

目標獲得エリア 30
コメントの入力は終了しました。