無双攻略 / 極みグァンゾルムのモーションと回避方法(一例)

 団員は随時募集中です。募集要項をご覧ください。
 ⇒MHF-Z 猟団「Amb-i-t」猟団員募集中 / 団員募集要項
 今週きている定期イベント等についてのまとめ記事はこちら。
 ⇒今週きているイベントのブログ内記事まとめ

鬼凛取得クエストの極み統べるグァンゾルムの攻略っぽい記事です。

全モーションの網羅ではないですが、やってて避けにくい / 危険だなーと感じる攻撃です。

書いてる人がなんとなくこんな感じのことを意識して避けてますって内容なので、避けやすい避けにくいは人によるかと思います。そして撮ってる人大して上手くありません。あまり信用し過ぎないでください。

※回避性能+2が発動している場合の回避例です。


– – – – –

【3連コンボ】

頭を下げて少し溜めがあったら、3連続で爆発を起こしてきます。これは全部単発の打ち上げ攻撃になり、3発目を食らってから誰かが粉塵を飛ばしてくれれば生存はしやすいです。
予備動作が短く慣れるまではわかりにくいですが、判定は見た目ほど広くはなくて、ちょっと回り込むと範囲外になってたりします。タイミングもモーション通り素直で、翼を動かすと同時に回避すればいけます。慣れてきたら巧撃回収におすすめ。1回目と2回目はポンポンときますが3回目だけ少し遅れるのは注意

– – –

【ニフラム】

ニフラムは咆哮を見たらすぐに離れるようにすれば当たりません。咆哮が予備動作になっているモーションはいくつかありますが、《その場から動かずに超咆哮》がニフラムの予備動作です。
2つ目の動画は耳栓強化がついてるルコ双なのであえて咆哮に突っ込んで巧撃回収してますが、逃げようとしてる間に耳栓強化なしで咆哮範囲内に踏み込むとニフラムでやられます。グァンは頭を左右に動かして超咆哮を振りまいてくるので、壁際でない限り側面~背面へ逃げた方が良いです。小タル回避もできたような気がする。

– – –

【炎展開→ジャンプ爆発】

その場で上を向いて吼えたら周囲に炎を吐いて、飛び上がりより少し遅めに炎内部で爆発が起こります。飛び上がりに合わせて回避しようとするといつも漏れなく吹っ飛ばされてます。外側にはみ出し過ぎると炎のスリップで削られるのも注意。

– – –

【飛び上がり→どっしん→メテオ】

上を向きながら姿勢を低くし、少し溜めたら上空に飛び上がった後地面にどっしんしてきます。地面どっしんに被せるように回避を入れると避けやすいです。
超震動が発生するので耐震強化をつけるか回避しないとしばらく動けず、メテオの追撃。メテオはグァンの傍には落ちてこないので、超震動に当たるにしてもあまり離れるよりグァンの近くで動けなくなってた方がかえって安全です。

– – –

【子ガブラス召喚】

少し長めに上半身を上げたら両前脚をどっしんして周囲に子ガブラスが舞い降ります。極みグァンでは原種グァンと違ってお持ち帰りはされません(なぜあんな面白いお持ち帰りをしない!!)がわりと痛いので、後ろ脚に張り付くようにしていると当たりません

– – –

【かまいたち→炎竜巻】+【ブレス】+【子ガブラス召喚】

前脚を大きめに引いたらかまいたちから炎竜巻を出してきます。飛び上がりどっしんと似てますが、こっちはモーションが速く溜めがありません。
張り付いてるとモーションの出が速いので、前脚を引いたらポン、ポンって感覚で適当に突っ込んでます(おい)。どっちもあまり逃げ回らず、出だしで避けてグァンの後ろに回り込むようにした方が避けやすいです。遠距離ならかまいたちが当たる寸前で回避、炎は走って避けるでOK。

それとたまたま撮れたので、上半身を上げてブレスとガブラス召喚。これモーションそっくりで見分け方未だにわからないんですけど、どっちにしろ後ろ脚目がけて突進してれば当たりません。へっぴり腰で攻撃すかしまくってるのはごめんなさい許してください。

– – –

【開幕スリップ】

あとすごくついで。双剣だとあえて開幕のスリップに飛び込んで体力を火事場まで減らしてから戦闘開始、ってことをやったりします。一応これも出現時回避はできるんですが・・・めっちゃ危ないし正直ダイブでいい感がすごい(なぜ撮った