猟団「もんそい!」 猟団の方針なんやらかんやら

今さらながら猟団方針。以前の団会議で話題に出た内容も簡単にまとめておきます。

といっても、そんなにカッチリした内容ではないんですが。
「もんそい!」はこういう方向性で活動していて、こんなことを楽しみたいんだよっていうのが大まかに伝わればいいなと。

猟団として大切にしていきたいこと

「もんそい!」では入団説明の折に「狩り以外のことでも楽しんでいきたい」とお話しします。

みんなそれぞれやりたいことをしているので、装備作り、シミュ、イベント、等々忙しいですが、ちょっと手が空いた時間にガッツリ狩る以外の「遊び」を入れていきたいのです。

「狩り以外って?」という質問もあるのですが、グァンゾルムのお持ち帰りでさらわれたり、辿異フルフルの丸呑みで乙ったり、あるいは不意に思い立って腕相撲をしてみたり。雑談が団チャで流れまくってるのもそうですね。だべるだけで何時間も経って、クエに1度も行かずに落ちる・・・っていうのも楽しいものです。

そういうところでみんなが楽しめる変な遊びを発案する人、嬉々として乗る人が集まる場を作りたい。これが私の団作りの目標であり理想です。

こういうことで楽しみたいよ!っていうのがぎゅっと凝縮されたのがこの動画。3分で大笑いできた傑作です。自主的に撮ってくれた団員に感謝!

【MHF-Z/猟団もんそい!】「我々には時間がない!」

こんなアホなことしてられるか!って方は残念ながらうちの団は合わないと思います。

でも、ただ狩ってるだけじゃなくて、こういうこともしてった方が楽しいでしょ!って思える方ならきっと楽しめるはずです。

火力や装備について

とか書いてると、真面目に装備作りしたいときまったく頼りにならないんじゃないか・・・?って不安にさせるかもしれません。

が、団作った元団長はふざけたことするの大好物な一方で高難度ソロとかも大好きです。一応元団長のスペックについてはココ!で書いているので、心配になった方はどうぞ。団員さんも頑張って装備整えてる頼りになる人がたくさんですし、現団長も不退持ち+シミュ大好きっ子です。

でもそうなると今度は「火力がないから一緒に遊んでも足手まといでは」と聞かれることもあります。これについては以前団会議で「この装備で迷惑をかけないでしょうか?」という質問をいただきました。以下は団会議のログの抜粋です。

※雑談部分のカット等のため一部編集しています。名前は伏せていますが、団員の発言はそのままなので転載等はお控えください。
※ログで「団長」となっているのは現団長ではなく作った人です。


A           > 団長やBさんからお誘いの声かけてもらっているのは本当に有難いと思ってます
A           > まああまり乗れないのは私の勇気がないといいますか、らんすで迷惑かけないだろうか;とか
A           > 後ろめたさがよぎってしまう私が悪くもあります;;
団長       > せっかくなんでお話ししておきますけれど
団長       > 私最近不退作り始めましたよね
団長       > それでAさんから個人的にお話しもいただいたかと思います
A           > はい、いぜんに
団長       > なんでいきなり不退作り始めたかっていう理由なんですけどね
団長       > 白ナルガが配信されて、討伐の方がクリアできなくて
団長       > 私結構悔しかったんですけど
団長       > 団長としては情けなかったんですよ
団長       > 団員がこのクエストクリアしたい!って言ってきたときに
団長       > 団長に頼ればなんとかなる くらいに思ってくれていたら
団長       > 団内でいろんなクエスト回せるじゃないですか
A           > はい
団長       > 私はそういうときに頼れる団長でありたいし
団長       > 団員の装備や知識が不足していても補えるような存在でいたいです
団長       > だから私は団員に絶対秘伝取れとか不退取れとかは言いません
団長       > 迷惑がかかるかもと思うようであれば
団長       > いっぱいかけてもらって構いません
団長       > そのために私も装備強くしたり、不退作ったりしてますから
団長       > 皆さんが私をいろんな面で頼ってくださることに対して
団長       > 私は団を育ててもらうことで返してもらってます

団員と一緒にクエストに行ったりするときにそれなりの装備は整えた方が楽しめる場面は多いです。そのために装備のアドバイスはすることがありますが、基本的にかなり自由な環境です。

一緒にクエストに行って適当にチャットする、みんなで同時乙をかまして笑う、あるいは頑張って難関クエストをクリアする・・・楽しみ方はそれぞれですが、うちの団では火力がなければ絶対駄目なんてことはないです。火力や装備、知識は同じ団で楽しむ要素としては必須ではありません。

団会議でも言った通り、私がこの団に入ってくれた団員さんに求めてきたのは団を盛り上げてもらうこと。交流団だからできる楽しみ方、この団の一員だからできる楽しみ方を探してくれたら嬉しいです。

明確な縛りも特に設けていないゆるーい団だけれども、みんなで楽しめる場所にしていきましょう。その分、私も最大限皆さんに恩返しをしていきます。