【HR/G級 紙集め枚数+素材管理ツール】「MHF-Zかみめん」v7配布&使用説明

 団員は随時募集中です。募集要項をご覧ください。
 ⇒MHF-Z 猟団「Amb-i-t」猟団員募集中 / 団員募集要項
 今週きている定期イベント等についてのまとめ記事はこちら。
 ⇒今週きているイベントのブログ内記事まとめ
「かみめん」はHR・G級の紙集めの枚数と素材が一括で管理できるツールです。

持っている素材を入力しておけば、素材の必要数や1%・GHC素材・HC素材の交換に必要な祭P・GP・狩Pも算出されます。9/26アプデの「アンリミテッドモード」解禁に備えて「かみめん」をバージョンアップしました。

MHF-Z 紙集め管理ツール「かみめん」 ⇒ DropBox DLページ
配布ファイル:MHF-Z かみめんv7(人柱版)【武器種名】※Excel用.xlsx
       MHF-Z かみめんv7(人柱版)【武器種名】※スプレッドシート用.xlsx
最新バージョン:v7(人柱版)
最終バージョンアップ:2018/9/15

「ExcelやOpenOfficeなどのソフトを持っていない」という方が利用できない状況にあったため、スプレッドシート用を作成しました。Googleアカウントをお持ちならどなたでも利用可能です。

※「人柱版」としているのはスプレッドシート用の作成が初めてであることと、私自身が鍋煮込みばかりで紙集めをここ最近していない(!)ためです。取得枚数が違う素材が違う、などエラーがありましたら、お手数ですがTwitter@recnfre(りんれい)までお知らせください。修正版を配布します。

「かみめん」ダウンロード&導入方法

DLページへアクセスすると、Excel用とGoogleのスプレッドシート用があります。

画面右上の「≡」を押すとファイル名表示に切り替わるので、
  • Excelで使用 → 「Excel用」
  • スプレッドシートで使用 → 「スプレッドシート用」

を選んでください。ファイル名末尾にくっついている拡張子はどちらも「.xlsx」(Excelの拡張子)になっていますが、「スプレッドシート用」はExcelで開くと動作が意図したものにならない可能性があります。

それぞれ対応したものをダウンロードしていただくことをおすすめします。

※「スプレッドシート」はGoogleアカウントさえあれば無料利用できるオンラインの表計算ソフトです。Excelと違いソフトの購入や導入が不要で、ほとんど同じ機能が利用できます。
※以前はExcel用とOpenOffice用を配布していましたが、今回はOpenOffice用はありません。スプレッドシートの機能が充実してきたこと、OpenOfficeと違いソフト導入の必要がないこと、OpenOfficeよりも互換性が高いことから、試験的にスプレッドシート用のファイルを配布することにしました。

ダウンロードする際は、ファイル名「MHF-Z かみめんv7…」をクリックします。

そうしたら、画面右上に表示される「ダウンロード」をクリックして「直接ダウンロード」を選びます。

これでパソコンの中にファイルがダウンロードされるはずです。

Excelをお持ちで「Excel用」をダウンロードした方はそのままファイルを開いて使っていただいてOKです。「スプレッドシート用」を選んだ方は、ファイルを使えるようにするために「Googleドライブ」にアクセスしてください。

「スプレッドシート用」を利用する方の導入方法

「Googleドライブ」はGoogleアカウント(Gmailなど)をお持ちなら誰でも無料で利用できるオンラインストレージです。

Google先生で「Googleドライブ」と入力して一番上あたりに出てくる公式ページにアクセスすればOK。そうすると、「マイドライブ」というところが最初に表示されると思います。

ここで「マイドライブ」内や自分用のフォルダにドラッグ&ドロップしてください。

※※※超重要※※※

仕事や学校で「Googleドライブ」を利用している場合、デフォルトのアクセス先が変わっていたり、「共有アイテム」にプライベートなフォルダ・ファイルが入っているケースがあります。間違えてそこにファイルを放り込むと、共有設定にある方全員(同僚とか先輩とか上司とか気になるあの人とか)「かみめん」のファイルが見えてしまう+アップロード履歴が残ります。ウッカリで「こいつMHFで紙集めやってるのか~ふむふむ」とバレても私は一切責任を持てません。一切持ちません!アップロードの際は「マイドライブ」になっていることを10回くらい確認してから行ってください

無事にファイルをアップロードできたら、ファイルを右クリックします。

「アプリで開く」→「Googleスプレッドシート」を選択すれば使用する準備は完了です。

「かみめん」の使い方

「かみめん」はファイル名に【武器種名】と入っています。

ここは紙集めを行う武器に応じて自由に変えていただいて構いませんし、ファイル名そのものをわかりやすい名称に変えてしまっても大丈夫です。


バージョンアップ履歴 クリックで開く

【v2】

  • 素材の並び順をボックスやショップの並びにしました。
  • リファインで緩和された枚数に更新しました。
  • 「課金あり+ブースト週」(綬13枚、勲12枚)を追加しました。
  • OpenOffice版の方で発生していたと思われる素材の使用部位が間違っていたエラーを修正しました。

【v3】

  • 優先依頼のモンスターと被っている素材に「◯」をつけました。
  • リファインでG★7モンスターのGHC素材が交換できるようになったので対応しました。

【v4】

  • 作成する部位数を入力する欄を追加しました。
  • フィルター機能を追加しました。

【v5】

  • HR帯の枚数管理欄、素材管理欄を追加しました。
  • G★7素材がポイント交換できるようになったのでGHC素材全てショップの並び順に整えました。
  • 1%素材のボックスの並び順を記した列を追加し並び替えできるようにしました。

【v5.1】

  • 秘伝防具を作成、精錬した後の素材数を一括で書き換えられるようシートを追加しました。該当する箇所を丸ごとコピペしてもらえればおkです(ただしそのまま貼りつけるとエラーになるので、「値」のみを貼りつけてください)。 → 機能削除
  • OpenOffice版でも試験的に所持数が少ない素材を太字にする機能を追加しました。ですがHRとGの素材被りの背景色が消えるのと、ファイルエラーが起こりやすくなった気がするので、後々元に戻すかもしれません。

【v6】

  • 素材をポイント交換する際の選択肢として狩煉道の狩ポイントを追加しました。

ここから入力箇所について説明していきます。

入力していただく部分は水色で塗り潰したセルのみです。

所持している「魂 / 綬 / 勲」の枚数と作成部位・作成数を入力

まずは画面左側、「G級・入力欄」と書いてある部分を見てください。

水色セル内、オレンジで囲った部分に「綬 / 勲」の所持数を記入すると、上にある「G級・自動計算欄」で残りの必要枚数が自動で算出されます。すでに必要枚数に達している場合は「Finish!」と表示が出ます。

計算は優先依頼を想定しています。

秘伝コース(1クエスト) → 綬9枚 / 勲8枚
課金なし・優先依頼(1クエスト) → 綬4枚 / 勲3枚
秘伝コースブースト週(1クエスト) → 綬11枚 / 勲10枚
課金なし・優先依頼ブースト週(1クエスト) → 綬6枚 / 勲5枚

「枚数が違うよ!」という場合はご指摘ください。
なんか最近ブーストごちゃごちゃし過ぎてて、私もよくわからないです。

そして、ひとつ右の欄は「頭」~「脚」までの所持部位と作成部位の記入箇所です。

所持部位は「未所持」~「GX Lv.7」までを選ぶことで、強化段階に応じた残りの素材数が算出されるように関数を組んでいます。例えば、「頭」が「未所持」から「G Lv.1」になれば「怪鳥の妖耳」が1つ減る・・・といった具合。

作成部位の方は「頭を5部位だけ作りたい」といった要望に応えるためのもの。「頭は精錬に極征モンスターの1%素材が必要ないから」「昔作りかけた余り部位を精錬してしまいたい」など、用途に応じて選んでください。

ここで作る部位と数を絞ることで、画面右側に表示される必要素材数が変化します。

上は全身を1部位ずつ、下は頭のみ5部位で他の部位を0にした場合です。

G級の入力が終わったら下へスクロールして、「HR・入力欄」へ。

ここも同様に記入していただけばOKです。

さらにその下にHR帯のHC素材入力欄があります。

必要素材は1部位につき1個で、5個より少ない場合には太字で表示されるようになっています(もともとG級用として作り始めたものなので、HR帯は簡略化してあります。要望があれば機能はいじる・・・かも)。

所持している1%・GHC・HC素材を入力

左側の記入が終わったら、今度は右半分へ。

ここでも記入するのは水色セルの部分のみです。「※所持数のみ記入してください」の下にある「↓」列(AC列)だけに素材の所持数を入力していきます。

所持数を入力していくことで、残りの素材数や必要祭P、GP、狩Pなどの部分が自動で変わっていきます。素材数は防具の強化段階によって残りの素材を算出し、合計を表示します。表示は上から1%・GHC・HCの順となっています。

ただ、このままだとショップやボックスの並び順と違っていて入力が手間です。

「白虎」や「玄武」など、秘伝防具の色別に固有の素材をひとまとめにしている関係もあってデフォルトではどうしてもショップ等で確認できる並び順になりません。そこで、「フィルタ」機能を使ってショップやボックスの並び順になるように設定を変更できるようにしてあります。

「Box」をクリックして「A→Zで並べ替え」(「Excel用」なら「昇順」)を選んでください。

これで素材がショップ等の並び順に変わります。

所持している素材の在庫を確認する時は、狩煉道の受付で見るのが便利です。

  • 1%・GHC素材 ・・・ 「ポイント交換」→「G級素材(GR1以上)」
  • HC素材 ・・・ 「ポイント交換」→「素材(HR5~7)」

1%は4000狩P、GHCは2000狩P、HCは1000~1500狩P素材にあたります。

フィルタ機能でショップの並び順にしておけば、上から順に該当素材の「所持数」を入力していけばOKです(秘伝強化に使わないモンスターの1%も途中挟むので必ず確認しながら行ってください)。

素材数の入力が終わって並び順を元に戻したい時は、右隣の「No」で同様の操作を行います。

その他の機能

素材数を入力していくと、素材名が太字→細字に切り替わったり、右側のセルが赤→白になったりすると思います。

これは「素材数が5個より少ない場合に太字」「必要素材数が足りない場合に赤く塗り潰し」として条件を指定しているものです。「これそのうち足りなくなりそうかな」くらいの目安として使ってください。

また、画面右上部にはこんなバーが表示されています。

「-」の部分をクリックすると列の開閉を行うことができ、「頭」~「脚」までの部位を非表示にできます。

「合計」だけ表示させて画面をスッキリ使いたい、という時にどうぞ。

使用時の注意点とエラー発生時の対処方法

デフォルトでは非表示にしていますが、「かみめん」では複数のシートからデータをまとめています。

この非表示にしているシートで枚数の集計や素材の集計を行っていて、特に素材集計は各部位の強化段階によって数値を変更するためにかなりメンドクサイ関数を使っています。

「=IFERROR(VLOOKUP(B3,’素材集計(全身)’!$C$3:$D$7,2,FALSE),0)」

こういう感じのよくわからない文字列が関数です。

入力していただく部分を水色セルのみに限定しているのも、他のセルには自動で動くよう関数が入力してあるためです。

  • 水色セル以外のセルに入力してあった関数を誤って書き換えてしまった
  • 非表示のシートを誤って削除してしまった / 関数を書き換えてしまった

こうなると全体がうまく機能しなくなる可能性があり、「動かないんですが」と言われても私も実際にどこがどう書き換えられているのか見てみないと対処できません

ただ、記入していただく箇所はほとんど数値のみなので、トラブルが発生した際は基本的に再ダウンロードでお願いします。すでに記入してある水色セルから、新たにダウンロードしたファイルの関数はいじらずに水色セルにコピペをすれば元に戻るはずです。

使用方法は以上です。機能は思いついたら追加していく可能性があります。

紙集めに役立てて下さい。