狩人祭について/今から始める人向けに

NO IMAGE

※最終更新 2017/11/17
2017/11の祭りポイント計算の大幅なリファインに対応して記事内容を編集しました。

狩人祭はサーバーごとに紅竜組蒼竜組に別れて入魂数を競います。基本的には猟団単位でランダムに組分けされますが、同盟を組んでいる猟団とは必ず同じ組になります。
参加登録は団長、もしくは副団長しか出来ません

狩人祭の目的は主にこのふたつ。

 


◆祭ポイントの取得
祭ポイント(以下祭P)は公式サイト及びゲーム内で交換出来るアイテムの一覧を見ることが出来ますが、様々なアイテムの他に剥ぎ取り2%のHC素材、GHC素材の交換500p~1500p)が出来ます。大量にHC素材を要求される秘伝など、HC素材全般の救済に使えます。
※現在は狩煉道のポイント交換でHC・GHC・1%・その他レア素材が入手できます。うまく使い分けていきましょう。

– – – – –

◆狩人祭限定武器・防具の入手
狩人祭の勝ちクエで入手できる「祭り防具」「祭り珠」の需要はシミュをするときにかなり高めです。エギエネ珠カバリ珠リエブレ珠・リズヴェ珠など優秀な精錬装飾品も多数。かゆいところに手が届く、といったような性能の珠が多いです。

祭り防具でおすすめかなーというものについてはココ!でまとめています。人によって装飾品の評価や使うものはそれぞれだと思うので参考程度にどうぞ。


※2017/7/5のリファインで「入魂自動化」が実装されました。
 デフォルト設定は「OFF」ですが、「ON」にすると自動で入魂が行われるようになるので、「誤って入魂してしまった」などのトラブルには注意が必要です。また、一度変更した設定は次回以降の入魂祭でも引き継がれます

入魂自動化

狩人祭の詳しい流れと諸注意については続きをご覧ください。


◇かんたんジャンプ - – – ↓詳しい説明へ飛びます↓ – – –

◆狩人祭の流れ
◆デイリーモス
◆シクレ
◆猟団/個人目標ボーナス
◆受け取れる祭ポイントについて
◆入魂に関する注意
◆リファイン:頭割りシステムの一部変更について


◆狩人祭の流れ
狩人祭は登録祭入魂祭褒賞祭の3段階あって、各1週間です。

– – – – –

◇登録祭
団長、もしくは副団長が狩人祭に参加登録をします。登録を忘れると参加出来ないので注意。
登録祭中の金曜14時~月曜14時には公式狩猟大会が催され、猟団対抗韋駄天杯で上位に入ると狩人祭で所属組、及び猟団に魂ボーナス(魂については後述)が入ります。
狩人祭-公式狩猟大会

– – – – –

◇入魂祭
狩人祭では「魂」の数が重要になります。「魂」は公式サイトにあるように各モンスターごとに設定され、条件を満たす(討伐or狩猟)ことで手に入ります。特に事前に何かする必要はなく、入魂祭期間中であれば自動で付与されます。

1魂以上所持した状態で狩人祭受付に話しかけると自動的に「入魂」が行われます。入魂を行うことで取得した魂がスコアとして認識される仕組みです。所持しておけるのは最大500魂まで。たとえば450魂所持している時に99魂を手に入れても、500魂までしかカウントされません。そのため、こまめに入魂しておかないと魂が無駄になってしまいます。
また、ログアウトすると入魂していない魂は消えてしまうので、回線落ち対策のためにもこまめに入魂するようにしましょう。狩人祭受付で「入魂自動化」を「ON」にしておくとクエストから帰還したらすぐに入魂されますし、狩人祭受付のない交流酒場でも入魂が行えるので、うまく使えばとても便利です。

入魂を補助するアイテムとしては「魂玉」を持ち込むと追加で魂が手に入りますし、ほかにも歌やシジルでの底上げも可能です。詳しくは入魂数を底上げする方法をどうぞ。魂玉は主に狩人祭の猟団目標ボーナスで入手出来ます。

– – – – –

◇集計祭/褒賞祭
入魂祭期間が終了するとメンテナンス中に集計祭となり、メンテナンス明けから褒賞祭に移ります。

祭Pの交換は褒賞祭期間中のみ可能
です。祭Pを使い切らなかった場合、ポイントを次回に持ち越すことも出来ます

ただし上限は12万Pまでなので、5万Pを持ち越して次回の祭りで8万P取得した場合は1万P溢れてしまい、溢れた分はもらうことが出来ません。今回の祭り報酬を受け取ると溢れる!という場合、報酬を受け取る前にポイント交換をしておけば大丈夫です。

《勝ちクエについて》
勝った組のみ、狩人祭受付の横にいる勝ちネコから「勝ち組クエスト」を受注することが出来ます。時折開催される勝ちネコからの挑戦状(シクレ事前公開・全シクレ対象両組・サーバー全体の入魂数で勝ちネコの提示したノルマと競う)の時は勝ちクエの内容が変化します。

勝ちクエをこなすことで生産できる祭り防具には高性能なものが多く、シミュをしていくとかなりの確率で引っ掛かってきます。祭り防具・装飾品のおすすめについてはココ!をどうぞ。ちなみに今は一部の祭り防具生産素材入手クエストは負け組でもできるようになりました。「祭典の紋章」は勝たなければ交換できないのでその点だけ注意です。

負け続きだと目当ての防具を作るのが難しいため、あまりに負け続きでどうしようもない、という方はサブキャラをメインキャラとは逆色の組に入れて紫(紅+蒼)組で祭りに参加してしまうのも手です。サブキャラについてはココ!で解説しています。

 


◆デイリーモス
デイリーモスは1回やるだけで200魂もらえるうまうまクエストです。HRクエストで1回につき5秒くらい。シクレですら最大99魂であることを考えると破格です。デイリーモスを毎日やるだけでも1週間で1400魂になります。

html

 


◆シクレ
シクレは「シークレットクエスト」のこと。大量に魂を獲得出来るクエストの略称で、公式では「ボーナス試練」という名称で表されています。ここ最近は公式Twitterでヒントが出されることもあります。

シクレ配信時間になると検証街(特定のランド。その時々によって変わります)にて有志で検証が行われます。発見されると有志の方が各ワールドに知らせに来てくれますし、Twitterで流されてもいます。ブログの右カラムにも一応設置はしてある(更新は遅いと思う)のでやりやすい方法で情報を入手してください。

基本的には朝6:00~8:00昼14:00~16:00夜22:00~24:00を中心とした3回の時間帯で配信されます(1~2時間ずれて配信されることもあります。最近は安定)。対象は朝4時、昼12時、夜20時の集計の時点で負けている組です。
なお土曜昼から月曜朝までは両組が対象になり、両組シクレ中、負け組のシクレには魂がさらにプラスされます。

これは特に新しいクエストが配信されるわけではなく、既存のクエストのいずれかに魂がプラスされる形式になっており、20魂程度から99魂まで様々です。仮にグレンゼブルが99魂シクレであれば、グレンゼブルのもともとの8魂に加えてボーナス試練として91魂が付与=99魂取得となります。

それと、シクレはクエストから帰還(リタイアでも可)、もしくはランド移動後に配信情報が更新されます。シクレに出発する時に更新が行われている必要があるので、地図リセやランド移動で更新をしておかないとボーナスがもらえません。

– – (例) – –

×13時55分にシクレ対象クエストを受注して14時05分にクリア→ボーナス魂なし
×13時30分にログインして放置(ランド移動なし、クエスト出発なし)→14時00分にシクレ対象クエストをクリア→ボーナス魂なし

◯14時00分にインしてシクレ対象クエストをクリア→ボーナス魂獲得
◯13時55分にインして14時00分にランド移動→シクレ対象クエストをクリア→ボーナス魂獲得

 


◆猟団/個人目標ボーナス
入魂数それぞれ一定に達すると「猟団目標ボーナス」「個人目標ボーナス」でアイテムがもらえます。これは狩人祭受付より、入魂祭期間中から受け取ることが出来ます。この中には「魂玉」やデイリーモス受注に必要な「ハンターパス・紫、定期開催イベント武具素材「祭典の叙情詩」、歌姫狩衛戦で使える「祈りの勾玉」や「迎撃の紫団旗」が含まれています。

04
jp_contents_regular_event_carnival_

デイリーモスを受注するために必要なハンターパスは1入魂、定期開催イベント素材の祭典の叙情詩は3000入魂でマックスになります。


◆受け取れる祭ポイントについて
祭Pの受け取りは「猟団内で入魂した合計」と「入魂した人数」に左右されます。基本となる計算はこうなっていて、

猟団の総入魂数÷入魂した人数

団長の場合はこれが2倍されます。猟団対抗韋駄天杯で上位にランクインしていた場合はこうなります。

(猟団の総入魂数+猟団対抗韋駄天杯のボーナス)÷入魂した人数

さらに個人の入魂数で倍率がかかり、99魂以下は半分に、5000魂以上は3倍になります。

jp_contents_regular_event_carnival_

また、開催される狩人祭によっては祭Pボーナス2倍や3倍となることもあります。最終的に全てひっくるめて計算するとこんな感じです。

(猟団の総入魂数+猟団対抗韋駄天杯のボーナス)÷入魂した人数×入魂数ボーナス(個人ボーナス)×祭Pボーナス

韋駄天杯に不参加の場合12万Pでカンストするには・・・

祭P3倍時 ⇒ 猟団の入魂平均が13,334 かつ 個人5000入魂(3倍)
祭P2倍時 ⇒ 猟団の入魂平均が20,000 かつ 個人5000入魂(3倍)
祭Pボーナスなし ⇒ 猟団の入魂平均が40,000 かつ 個人5000入魂(3倍)

って必ずしもカンストさせる必要はありませんが。一応参考までに。上でも書いたように以前のポイントが余っていてカンストすることが事前にわかっている場合は、今回の褒賞を受け取る前に使ってしまえば問題ありません。

 


◆入魂に関する注意
そして入魂に関してひとつ注意。猟団の平均に対してあまりに入魂数が少ないと足を引っ張って迷惑をかけてしまうことがあります。なぜかというと、祭りポイント3倍の回にある猟団の入魂数やもらえる祭りポイントが下記だったとします。

– – – – –
【入魂数】

猟団員A:30,000
猟団員B:15,500
猟団員C:100

 総入魂数:45,600
 団平均:15,200

【もらえる祭りポイント】
猟団員A:136,800
猟団員B:
136,800
猟団員C:45,600

– – – – –

ここで問題なのはCのもらえるポイントが少ないことではなくて、AとBの負担が大きいことです。

上で示したように、祭P3倍と個人3倍が乗れば平均は13,334まで行けばカンストクリアです。ということは、この猟団がカンストを目指していた場合、Cが入魂出来なかった10,000P以上を他の二人が肩代わりしていることになってしまいます。

猟団が「入魂ノルマ」を規定しているのはこれが理由です。祭りに熱心な猟団であるほど入魂ノルマは高いですし、うちのようにまったく課さない猟団もあります。また、故意であってもなくても入魂10のみでその後インしなくなったりすると寄生だと思われてしまうこともあります。注意してください。

 


◆リファイン:頭割りシステムの一部変更について

※アプデにて従来の頭割りシステムが一部変更となりました。変更後も計算方法については変わりませんが、「平均を大幅に下げる団員がいた場合」「入魂数が突出して高い団員がいた場合」に、上位入魂者が損をしにくいシステムになっています。

リファインが適用される祭ポイントの算出例はオンラインマニュアルに掲載されています。

html

猟団の総入魂数が「10,000入魂」で人数が20人、そのうちの1人が総入魂数の半分「5,000入魂」をこなすというかなり極端な例の場合。団の平均に個人ボーナス等を載せた祭りポイントは「3,250」となり個人の入魂数よりも下回っています。
リファインが入ったのはこうしたケースで、計算した結果、祭りポイントが個人入魂よりも大幅に低い場合「個人の入魂数がそのまま祭りポイントになる措置が取られます。

団の平均から算出した祭りポイント<個人の入魂数 → 個人の入魂数を祭りポイントとして付与

つまり、入魂数が極端に低い人がいた場合に平均を大きく下げる点は変わらないままで、かつ団内に突出して入魂を頑張った人がいたなら損をしにくいシステムだということです。上で書いた例のように、団員が3人で2人が頑張り1人があまり入魂できなかったケースではこのリファインは適用されません。

団員の入魂数が大体横並びの団だと、リファイン内容に該当することはほとんどなさそうです。個人ボーナスのみで考えると該当ありなしはこのような例になります。

– – リファインに該当しない団 – –
【入魂数】
猟団員A:8,000
猟団員B:5,000
猟団員C:2,000
猟団員D:1,000
猟団員E:10
 総入魂数:16,010
 団平均:32,02

【もらえる祭りポイント】
猟団員A:9,606
猟団員B:
9,606
猟団員C:6,404
猟団員D:4,803
猟団員E:1,601
– – – – –

– – リファインに該当する団(該当する団員がいる団→該当団員:猟団員A) – –
【入魂数】
猟団員A:13,000
猟団員B:1,000
猟団員C:1,000
猟団員D:1,000
猟団員E:10
 総入魂数:16,010
 団平均:32,02

【もらえる祭りポイント】
猟団員A:13,000(9,606<13,000のため、個人入魂数13,000を採用)
猟団員B:
4,803
猟団員C:
4,803
猟団員D:4,803
猟団員E:1,601
– – – – –

リファイン後でも団平均を著しく下げても誰にも迷惑がかからなくなった、というわけではないので気をつけましょう。

狩人祭カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。