【猟団部屋】「猟団料理(団飯)」まとめ 団飯の効果と作り方

「猟団料理」、通称「団飯」についてまとめたページです。

このページでは作り方などの流れを説明するので、料理レシピはココ!をご覧下さい。

参照:MHF猟団FreeDomの小部屋
一連の団飯ページ作成にあたってはMHF猟団FreeDomの小部屋様を参考にさせていただいています。

猟団料理とは?

  • 防具のスキルとは別に様々なスキルを発動させることが出来る
  • スキル発動は90分
  • 作り置きの保存は60分
  • 作り置きは保存時間内なら誰でも、何度でも食べられる
  • 発動スキル・効果時間は最後に食べたものが適用される
  • レシピの基本は基本食材1つ+補助食材3つ
  • 最大4人まで参加可能(参加者全員にスキル発動)で、人数が多いほど難易度が下がる

スキルが発動するとどうなる?

猟団料理では防具スキルに加えてひとつスキルを発動させることが出来ます。

イメージとしては防具で10スキル発動していた場合、ステータスの枠には表示されない猟団料理スキルが加わる感じ(装備詳細からは確認が可能)です。遷悠防具や天廊武器、始種武器と似ていて、この場合実際に発動しているのは11スキルになります。

効果時間は?

料理を作って発動させたスキルは90分続きます。

ただし料理は作った時自動的に同じ料理が60分まで保存される作り置き(作り過ぎちゃった余りみたいなもの)が作成され、下のSSでキメている料理ネコに話しかけると食べることが出来ます

スキルの効果は最後に食べた時から90分で上書きされるため、料理スキルの最長時間は150分(60分+90分)です。

料理作りに参加した人は作り置きを食べなくても自動的にスキルが発動します。

注意点として、新たに料理を作ったり作り置きを食べたりすると、時間だけでなく効果も上書きされます。間違えてマイナススキルが発動する料理などを食べないようにして下さい。ただこれを活用して、例えば団員には麻痺無効を作り、自分だけ広域を発動、といった使い分けもできます。

料理のレシピと作り方

まず基本として、通常料理を作る際には黄色文字で表示される「基本食材」とピンク文字で表示される「補助食材」を組み合わせてスキルを発動させます。

SSで言うと「深海モロコ」が「基本食材」、「砕氷サーモン」と「ツルモドキ」が「補助食材」です。

ただし例外もあり、色に従わなくても料理のスキルが発動する組み合わせがそれぞれ何パターンも存在しています。そのパターンの中から出来るだけ簡単に入手出来る食材を厳選してまとめたものがココ!になります。

調理手順

食材を選んで発動スキルの欄に目当てのものが表示されたら準備完了。

ここでは「ミラクル海鮮宴」で「広域化+3」が発動可能性のあるスキルとなっています。

料理が開始したら決定ボタンを押してカーソルを動かし、緑の「成功エリア」、または青の「大成功エリア」の上で維持出来るように連打するだけです。

ボタンを押していない間はカーソルは戻ってしまうので、緑か青のエリアの上でカーソルを留めておくとゲージの下にスタンプが押されていきます。このスタンプが一定以上の数になると色が変化していき、緑だと「成功」、青だと「大成功」となって、結果に応じたスキルが発動します。

青い「大成功エリア」を維持するとスタンプが溜まりやすく、大成功を狙うには「大成功エリア」までカーソルを持っていくことが重要になります。

「成功エリア」や「大成功エリア」はSSからも分かるようにその時々によって変化します。

料理ネコの知恵を活用しよう

より確実に成功させたい場合は、「料理ネコの知恵」を使用すると一人でも簡単に良いスキルを発動させることが出来ます。

知恵 チケット 効果
料理成功のコツ 10枚 成功エリアが広がる
大失敗しない裏技 10枚 大失敗エリアが発生しない
料理大成功の秘訣 10枚 大成功エリアが2倍になる
調理上達法 10枚 連打していない時のカーソルの戻りを遅くする
秘伝の調味料 20枚 結果が1ランクアップする
謎の調味料 5枚 結果がランダムで変化する

おすすめは色をつけたものです。

大成功エリア2倍でも大抵うまくいきますが、チケットに余裕があるなら「秘伝の調味料」を使うのが確実かつ簡単な方法です。

作り置きで効果時間延長

無事料理を作ることが出来たら作り置きが自動で作成され、保存されています。

こんなふうに、同じ料理を作っても別々に保存されます。

作ってから60分経過すると作り置きは消えてしまいますが、時間内であれば何度でも食べることが出来ます。また、作り置きは猟団部屋に入れる人であれば誰でも食べられるので、誰かが一人で作った作り置きを十人で共有することも可能です。

この場合も誰かが作り置きを食べたからといってその料理が消えることはありません。


団飯は便利なスキルを発動させることも出来るので、どんどん活用していきたいところです(`・ω・´)

レア素材を使う場合も、150分のスキル発動に使うのは1個だけ。団員が全員1個ずつレア素材を持っていたらその数だけ料理を作る回数も増えますから、うまく素材をシェアしたいですね。


「猟団部屋」で利用できる様々な便利機能についてはこちらの記事をどうぞ。

「猟団部屋」の記事一覧です。
「猟団部屋」で使える機能の中で「猟団料理」と並んで有用なのが「猟団プーギー」です。 「猟団プーギー(団豚)」は「猟団ランク」が5になれ...
「猟団料理」、通称「団飯」についてまとめたページです。 このページでは作り方などの流れを説明するので、料理レシピはココ!をご覧下さい。 ...
「猟団冒険ネコ」は「猟団」の「猟団ランク」が16になると使用できる機能です。 リファインによって派遣に必要なRPが少なくなり、冒険から...
「猟団部屋」には様々な機能がありますが、アイテムなどを一切消費せずに利用できるのが「猟団トレジャー」です。 報酬にはスキルなしでも「早...